スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不調を言葉であらわしてみた
フォアがより一層不調だこのやろう。
どれだけ不調かというと


フォアなんてこの世から消えて無くなってしまえばいいのに。


っていうくらい。

いっそフォアやめて
左手バックハンドにしたろか。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
フォア不調の原因
ここんところ、すこぶる乱調なあにですみなさんおひさしぶり。

まぁ、フォアもサーブも今フォームいぢってるところで
調整が終わるまではこのまんまなんだだろうな。
でも週一じゃあフォーム改造は無理があるよな。
ということに昨日はじめて気づいた。
今さらどうしようもない。

フォアはかすれあたりばかり。
これはボールを引きつけてないからだとわかったので、
次の週は引きつけてみたらスピンかからないし。
結局のところ、打点が前過ぎたというのはちがってて
打点そのものは前でいいんだけど体が前に泳いでたらしい。

あくまでこれは僕的基準なんだが
ボールを引きつけて打つ。だと打点が後ろすぎでバツ。
余裕をもって打点を前にする。が正解。

ということでまずは打点のみを考えて打つことで調整。

それが安定したらテイクバックだ。
僕は肘がひき過ぎならしい。
なんて課題の多いフォアなんだ僕のフォアって・・・。


それにくらべてバックはすこぶる順調です。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
フォアのかんちがいの答え
フォアハンドのかんちがい。
実は僕今まで・・・手首使ってなかったかも。

フォロスルーではパームアウト出来てたから油断してたけど
よく考えたらあれって手首関係なく、肘支点でひねることなんだよね?

コンチ気味のイースタンのグリップでスピン打とうと思うと
腕全体のスイング軌道で回転をかける感じになってしまう。
むかしエドバーグがやってましたねぇ。あんな感じ。

僕は昔コンチ気味のイースタンだったからその名残がまだあったんだな。
で、僕のスイングはあれ+パームアウトだったみたい。
だからインパクトのとき、脇が空いてて
そこから肘が上にあがってくるようなスイング。
体の回転とパームアウトで厚いグリップのそれっぽくは打ってたけど
連続写真撮ってみたりしたらすぐバレたんだろうな。

さっそくきのう手首使ってみたけどそりゃすぐには無理だ。
ただなんとなく見えてきた気がするから
あとはひたすら打つべし打つべし。

というわけで誰か僕とひたすらラリーしませんか?

↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
とんでもない思いちがいをしてたかも・・・
もしかしたら僕・・・
フォアハンドについて
今までずーっと
ものすごい思い違いをしてたかも。

たしかにそれなら
低いボールを打とうと思うとネットしちゃったり、
高めのボールを打ち込めないのもわかる。

と、思って家にあるテニス雑誌の
いろんなプロの連続写真を
かたっぱしから見直してるところ。

うわやっぱ
どれもこれも僕とは違うわ・・・。


詳しいことは
実際打ってみてからまた。


え?あにってそんな打ち方してたの?

とか言われちゃうのかもなぁ。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
自分にあったフォーム
フォアが苦手なのは
結局、まだ自分のフォームが決まってないんだと思う。
いろいろ試して今それを探してるところ。

で、雑誌とか見るとどれも全くちがうこと言ってる。
同じウエスタンでも、インパクトのとき脇を締めろ。
とか脇はあけろとか。どっちやねん。

要は、これが正解という打ち方はない。ということ。

たくさんある打ち方の中で自分にあってるのはどれか
それを見つけることなんだな。

あ、でも、
球をよく見て、足を動かし、打つ球のイメージをする。
これだけはいつも頭においておかないと
もう何がなんだかわけわからんくなってしまうから気をつけよう。

↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。