スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォア発想の転換
「ウエスタンならもっと肘から打ちにいかなきゃ。」
と先輩の言葉。

そうだよなと思い早速オートテニスで試してみる。が・・・
どうしても違和感があるし、うまくいかない。
でもそのうちなんかつかめるだろう
と打ち続けるもやっぱりうまく打てない。

う~ん。今のスイングじゃあウエスタンには向かないし
ウエスタン向きのスイングは違和感だし。う~ん・・・


・・・あ。


セミウエスタンにしてみようかな?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
勇気がいる決断ですね・・・
僕は若い頃全てのグリップを試しました。
今でも悩むのが、スピン重視のバームアウトを意識するとセミウエスタン気味の握りになり、スピード重視にするとイースタン気味の握りが打ちやすいことです。
恐らくイースタンのまま、スピン量を我慢するスタイルに落ち着くのではないかと思いますが(自分の性格を考えると)とりあえず旅は長く続きそうです。
2006/07/31(月) 09:28:46 | URL | どさんこ #f9t0qDf.[ 編集]
グリップって
かなりデリケートな要素だと思うよ・・・
僕は悩んだらグリップや打ち方よりも
ガットとかラケットを変えるようにします(笑)
あに殿も○ダルのラケットに変えれば
そんな悩みも解決しちゃうかもしれません

あまり悩まずに、今のグリップで
苦手なボールを克服するように意識したほうが良いよ・・・
ほんのちょっとしたことで変わることも多いのだから!

とりあえず、肘から打つというのは
当たりを厚くするための方法論なので
別にそれにこだわる必要は無いと思うよ!

ヒントは・・・
当たりが薄くなるとき、どういった場合が多いのか?
高いボールの処理?
それとも低いボール?
前に動かれたとき?
それとも後ろ?
早いボール?遅いボール?

さてどうでしょう???
2006/07/31(月) 12:41:46 | URL | くるみ #-[ 編集]
グリップは確かに微妙。
■どさんこさん
>バームアウトを意識するとセミウエスタン気味の握りになり、
>スピード重視にするとイースタン気味の握りが打ちやすい
あーわかるなーわかるなー。
イースタンの握りのフラットはネットすれすれの弾道ですよね。
スイングのイメージはボールをできるだけ長く押す感じ。
できればセミあたりでひっぱたくような
ドライブ回転のフラットが打ちたいですね。
やっぱ手首ですかねぇ・・・。

■くるみ先輩
ちょっとセミウエスタンで打ってみたら
なんか自分にピタッと来るものがあったんです。
なんでかなぁ?って考えてみたら
ウエスタンって意外とタッチがわかんないんですよね・・。
調整がきかないって言うか。
で、セミにしてみたら今どういう面で打ってるのかとか
そういうのを感じられるような気がして。

ほら、球出しで苦労してたでしょ?ぼく。
あれもどんな面で打ってるのかいまいち感じられなくて。
でも、セミで球出ししてみたらかなりやりやすかったし。

もうちょっと悩んでみます。

こんど先輩と打つころまでには
たぶん決まってると思います。

・・・だといいなぁ・・・。

2006/07/31(月) 16:50:09 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
テニスとは
一生何かに悩み続けるスポーツなのです・・・
グリップをセミにしても、いずれまた新たな壁に当たるよ、きっと
でも工夫するのはいいことだ♪
頑張って!

ウマクナレヨ→球出
(イキナリネットだとガクッてきちゃうじゃん)

僕の持論(フォア)は
セミウエスタン=最強のグリップ
 スピンもフラットもスライスも
    無理なく打てる唯一のグリップ です
なので法律で禁止されるまではセミで打ち続けます!
2006/07/31(月) 19:13:49 | URL | くるみ #-[ 編集]
やっちゃえ~
おっ、あにさんセミウエスタンに変更ですか~
ノブめは、20年以上?(但しお遊びね。。)親しんだイースタンからセミへ変えて、今はいい感じです。。♪
グリップ薄くするほどタッチはよくなる?みたいなのでセミ化しちゃえば~(^○^)
(ノブめもチビ教室お手伝い、球出しはコンチでしています・・)
でも、あにさんのエロタッチには、フォア、バック共にコンチがさらに向いていていると思うけどなぁ・・(〃^∇^)o_彡☆
2006/08/01(火) 23:32:05 | URL | ノブ #-[ 編集]
Try, Try, Try!
グリップチェンジですかー。テニスって何かを変えるのって結構勇気いりますよね。でも現状を壊すから新しい発見があるということで、がんばってください~。

ちなみにオイラは、軟テあがりなので、ずーっと軟式握り(セミウエスタン?)です。
スピンはあまり厚く当てるとか意識してません。インパクトでしっかりチカラが集中されればいいんだとだけ意識してます。
以前は厚い当たりのスピンを!!とか思ってましたが、所詮ボールのコンタクト時間なんで 0.0何秒の世界なんだから、そんなのかんけーねーよと開き直ってます。

藤野コーチ曰く「ボールより下からラケットが出ればスピンかかるんだよー」とかなりアバウトです(^^;
2006/08/03(木) 00:17:05 | URL | Neko #-[ 編集]
人生もまたしかり
■くるみさん
>一生何かに悩み続けるスポーツなのです・・・
人生といっしょですね。
>セミウエスタン=最強のグリップ
なにをするにもちょうどよい握りですよね。
セミってラケット面がすっと出した手のひらと同じ向き。
なような気がします。
・・・気のせいか?

■ノブさん
>あにさんのエロタッチには
いや普段からエロじゃあやばいでしょ?
なにもかもがエロじゃあただの変態っす。
パワフルなテニスの中にほんの一握りのエロス
があってもいいじゃないか。
そんな感じのプレイがしたいです。
なんか話題が微妙にそれてる気もしますが。

■中井貴一さん
>テニスって何かを変えるのって結構勇気いりますよね。
グリップテープのメーカーを変えるのでさえ
ちょっと悩みます。
そんなんでグリップ変えちゃったらどうなのよ俺?
みたいな感じですが頑張ります。
>「ボールより下からラケットが出ればスピンかかるんだよー」
あたりまえなんですけど
それを言葉で理解するのではなく
体で理解するのは実は結構大変な人は大変だと思います。
と、つい最近になってやっとそれを体で理解できた自分を擁護してみました。
2006/08/04(金) 10:23:05 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。