スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうほんとにこれで最後
テイクバックのときの手首の使い方の間違いっていうのは
本来厚いグリップだとフォアのテイクバック時
ラケットのフェイスは後ろ(または下)を向かなくちゃいけないんだけど
僕の場合上を向いてた。

この手首のままスイングしたら明らかにボールが上に飛んぢゃう。
だからインパクト時、面の向きを打点の違いなどによって
手首を微調整しながらスイングしてたの。

イメージ的にはパームアウトのタイミングで
面の向きを調整してたみたいな?

だからいつも考えながらスイングしてたので
思いっきり振ってなかったんだろうなぁ。


そこでテイクバックのとき
ラケットの面が下もしくは後ろを向くように気をつけて
その手首の状態で打つようにしたらフォアが安定した。
まだテイクバックを考えながらやってるので
振り遅れたりコントロールができないけどね。

よし!これが無意識で出来るようになったら
フォアはかなりいい感じになるだろうなぁ・・・
・・・って思ってたんだけど・・・・
相変わらず高めの球は打ちにくいんだよなぁ。


で、プロ選手の高めのフォアのビデオみてて
インパクトが何かみんなと違うんだよなぁ~。って。

で、そのなんかに昨日気づいた。


またまた昨日てっ!



これなら今まで低めはよくて高めが苦手だった説明がつく。

つーか・・・

またまた僕はとんでもない勘違いをしてたのかも知れないなぁ。




「毎回同じようなこと言ってますよ。」




うるさいです。
これがほんと最後だから。



・・・たぶん。



↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。