スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと大きく
大ベテランで口は悪いけどいつも核心をついてくる
スクール生の高田のじいさん(仮名)が、
ストロークで悩んでるYさんと話してた。

ら、なんか僕の名前を呼ばれた気がして話に入った。


あに:「ぼくのこと呼びました?」
高田:「今ねYさんに、あにさんみたいに体使って打てばいい。って話してたところ。」
あに:「お、おお、そうなんですか。なんか照れるな。」
高田:「Yさんがあの下半身の使い方をすれば、あにさんの1.5倍の球が打てるよ。」
あに:「え?ぼく上半身、うまく使い切れてないんですか?」
高田:「ん?なんで?」
あに:「いやだって、下半身おなじ使い方なのに1.5倍てなんでかな?って。」
高田:「ああ、だってあんた腕短いじゃん。」


そこまで短くないわっ!



今度ダブルスで組んだとき
後ろからサービスでもぶつけたろか。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。