スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップスライス
僕のダブルスのパートナー、ナンシー(仮名:3?歳)が
週末に女子ダブルスの試合があるんだけど
アドコートからセカンドサーブが入らないで悩んでるらしい。

ナンシーさんセカンドはスライスしか打てないそうな。
さすがにスライスじゃあワイド狙いは厳しいな。
かといって今からスピン覚えても
今週末の試合には間に合わないだろうし・・・

あ、そうだ。
トップスライスにしてみたらどうです?

「なんですかそれ?」

あんた相変わらずアンテナ低いな・・・。
まぁ簡単に言うとスライスなんだけど自然と縦回転もかかってるぞ。
みたいなサーブです。

「へぇ~。ぢゃあ難しく言うと?」

難しく言ってもそうです。

「なんだよそれ。」

だって理論を説明してもどーせ聞いてないでしょあなた。

「はい。何でもいいから打たせろ。って感じです♪」

な。
ぢゃあ、今まで右前にあげてたトスを頭のま上にあげてください。
打ち方は今までと同じでいいです。

「はいわかりました。えいっ。」

おーそれですそれ、いいじゃないですかー。

「あーほんとだ♪今までより楽に打てます♪」

ね。すぐ打てるようになったでしょ?
さっそく使ってみてくださいね。

「はい♪さっそく来月から使ってみます♪」


試合で使えよ。



「ガンバッテミマス。」


使う気ねーだろ。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
スロースターターの罠

『スロースターターのくせにすぐ疲れる罠。』

調子いい時間、みじかいみじかい。



↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。