スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
固定観念を捨てる
自分はフォアストロークというものに対して
『常に横向き姿勢でボールを打つ。』
という間違った固定観念があったのかもしれない。

フォアストロークなんかときには右肩が180度以上
回ってしまうくらい振りきってたとしても
インパクト時は横向き。のイメージが頭にあった。

で、インパクト時の体前向き姿勢ができたのだが、
打点が横向きのときのポイントのまま。
これだと振り遅れ気味なスイングになってしまい
肘でしっかり押す。ことができない。
だからフラットはグググと押すようなイメージでパンチが無く、
スピンは前への押しが無く、上にこすりあげるだけになってしまう。

ということで体前向きにした分、インパクトの位置も
腕肘下一個分ほど前にする必要がある。

と、理屈はこれくらいにして
あとはガンガン打って体になじませるのだ。


ただ
この理屈が間違ってたらジ・エンドなのである。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。