スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウニマダカツマコワイ(オフレポ3)
話しが盛り上がり
みんなの酔いがどんどんまわりはじめるころ
1人だけどんどん酔いがさめていくあに。

終電の時間までのカウントダウンが始まる。

カチカチカチカチカチ・・・

そんな中、あのカリスマブロガーうにコーチが
ここにやってくるという情報が。

うに見たいでも妻こわい。
うに見たいでも妻こわい。
ウニミタイツマコワイウニミタイツマコワイ・・・

うにまだか?まだ来ない。
うにまだか?まだ来ない。
ウニマダカツマコワイウニマダカツマコワイ・・・

僕の願いも虚しくときだけが過ぎていく
ああ、時間よ止まれ。
あ、でも止まったらうにコーチの時間も止まってしまう。
それじゃあ意味ねーだろやっぱ止まるなあーでも終電の時間がああ・・

もうだめだ。とあきらめてカバンを手にしたとき
「あれ?うにコーチじゃない?」
と店の入り口にそれらしき人影が!

おおおおおおおうにコーチだぁあああ!

「あ、こんばんははじめまして。」

おおおおおおおお喋ったぁあああ
うにコーチが動いてるううううう。
感動だああああああああああああ。

は、はじめまして。
ぢゃあさようなら。

こんな虚しい挨拶は生まれて初めてかも。
ものすごく凹んでる僕に彼女が

「あ、じゃあ私も下まで行きますよ。」

うわああああああああああああああ
なんて気遣いのひとなんだああああ。


「じゃあまた。」と別れた後に
一気に現実にもどる僕。

今の時刻 21:48
終電時刻 22:07

残り19分で山の手乗って品川に行き
そこで券買って新幹線ホームまでたどり着く。

「ねぇきみ、これって普通にやばいと思うよ。」

人って本当に追いつめられると客観的になるんだへぇー。
と感心してる場合じゃない。

重くてでかいツアーバックを背中にしょって
猛ダッシュで走る酔っぱらい。

途中何度も
「このまま遅れてしまえばまたみんなと楽しく飲めるそケッケッケ」
と僕の中の悪魔がささやく。

くじけそうになる僕に、僕の中にいる天使がささやいた。

「まーそれもありじゃない?」

だめだこいつらあてにならねー。

それでも僕が今走れるのは良心ではなくむしろ恐怖心。
もし今日帰れなかったら?という恐怖心だけが僕を走らせる。

やった・・・やっとホームに着いた・・・。

ふと時計を見たら22:04だった。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。