スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キックするスピンサーブが打ちたい
気になるHコーチ急性アルコール中毒ですが
クリスマスパーティーで両手に花状態で
その花に飲まされて気が付いたら病院だったそうです。

断り方も勉強しましょう。


で、僕は今スピンサーブが打ちたいんです。
弾んだあと、ぐわんと外に飛んでいってしまうような。
でもどうしてもより回転をかけようと思えば思うほど
球に威力が無いチョリチョリのスピンしか打てないんです。

「体を横に向けたままで打て。」
と人は言うけど、どうしてもその感覚が僕にはわからないのです。

で、いろいろやってみてるうちになんかつかんだかもしれません。
気のせいかもしれません。
今その気のせいかもしれないのをとにかく数打ってます。
どんな感じで打ってるかというと・・・

「天井を見たまま打つべし。」

です。あ。聞いてくださいお願いだから。

フラットの場合は打ち終わった後、顔は前ですよね?
でも打ち終わった後も打点を見つづけるんです。

そこにはなにもありません。
何もないけど見続けます。すこしさみしいです。
さみしいけどがまんしてください。
がまんすればするほど体のターンをおさえることができるのだから。

あ、でもあんまりがまんしすぎると
相手のリターンがとれないのでデンジャラスです。

ちなみにこのときのグリップは
バックハンドイースタンくらいで。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。