スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピンとフラットサーブの打ち方の違い
■スタンス■
 ○スピン
  クローズドで膝の曲げ伸ばしで打つ。
 ○フラット
  スクエアよりややオープン気味で
  膝はあまり曲げない。つーかあまり意識してない。

■グリップ■
 ○スピン:バックハンドイースタン
 ○フラット:コンチネンタル
  これ以上厚く握るとプロネーションが
  使いにくくなるからこの辺でやめておく。

■打点■
 ○スピン:頭の真上、低め。
  あまり高い打点にすると上にこすりあげられない。
 ○フラット:やや右、やや高め。
  腕が伸びきるくらい高くすると手に力が入らない。

■腰■
 ○スピン:・・・あんまし意識してない。
 ○フラット:でんでん太鼓(映画「ベストキッド」より)

■手首■
 ○スピン:固定ぎみ。
 ○フラット:やわらかぎみ。(トンカチで釘を打つかんじ。)

■気合い■
 ○スピン
  ファーストの場合:高く外に跳ねろやぁああ!
  セカンドの場合:これだけかけりゃあ入るだろあん!
 ○フラット     
  ファーストの場合:いてもうたれやあああああ! 
  セカンドの場合:2回に一回くらいは入るだろあん!

あまり参考にしないでください。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。