スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳内プレイ
なんかものすごくあぶないタイトルですが、
このブログはとても健全なテニス日記ですからご安心を。(一部の常連さんのぞく)

というわけで(昨日のつづき)早速イメージトレーニングしてみました。

バックのリターン、相手ボレーの足下に沈むドライブ回転のボール。
相手は返すのがやっとだ。ういたチャンスボール。
それを回り込んでフォアの厚いあたりでバゴーン!
あ。ふかした・・・。

き、気を取り直して・・・つぎは相手のセカンドがフォア側に。
よし!相手ボレーヤーの横を狙ってストレートにパスだっ!
バスッ。あ・・・ネットした。

よ、よし・・・今度は相手がロブで逃げてきたぞ。
それを下がりながらハイバックボレーでアングルにおと・・
「グギャ。」
あ・・・足痛めた・・・。

脳内ですら相手に振り回されてます僕。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
イメージ
イメージすることって大事だと思う。
サーブを打ってコーナーに入ってからサイドに切れていくボール。
ポーチに出てぐっと肩を入れて逆クロスに打つバックの厚いあたり。
前に出てきた相手の足下に沈むフォアハンドのスピン。

自分が打ちたいと思うショットが成功するイメージを
しっかり頭に思い浮かべて打つ。
何もイメージなしでとりあえず打つのとはかなり違う気がする。

ウインブルドンの時期にみんな微妙にうまくなってる気がするのは
実は気のせいじゃなかったり。

「やってみる。のではなく、やるのだ!」

あのマスターヨーダも言ってるように、
成功する気で打て。と言うことだ。うむ。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。