スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと大きく
大ベテランで口は悪いけどいつも核心をついてくる
スクール生の高田のじいさん(仮名)が、
ストロークで悩んでるYさんと話してた。

ら、なんか僕の名前を呼ばれた気がして話に入った。


あに:「ぼくのこと呼びました?」
高田:「今ねYさんに、あにさんみたいに体使って打てばいい。って話してたところ。」
あに:「お、おお、そうなんですか。なんか照れるな。」
高田:「Yさんがあの下半身の使い方をすれば、あにさんの1.5倍の球が打てるよ。」
あに:「え?ぼく上半身、うまく使い切れてないんですか?」
高田:「ん?なんで?」
あに:「いやだって、下半身おなじ使い方なのに1.5倍てなんでかな?って。」
高田:「ああ、だってあんた腕短いじゃん。」


そこまで短くないわっ!



今度ダブルスで組んだとき
後ろからサービスでもぶつけたろか。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
初打ち
今日は今から初打ち♪

でもなんかちょっと熱があるみたいで
関節に違和感がある。
3日前までは何もなかったの。
だからきっと大丈夫。

晩飯くったら治ると思う。

というわけで行ってきま~す♪




・・・死ぬかな?

↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
テニスしててはじめての経験
昨日すごいの経験しました。
(丁稚どん、変な期待しないように。)

フォアの逆クロスでラリー続けてたとき
なんか一瞬自分のインパクトの瞬間の絵が
ばちっと見えた気がして、ん?と思って
次に来た球を見てたら
なんと・・・


ボールが止まって見えた。


それから2球だけだったけどね。

すげーよすげーよ!
空中で止まってるんだから
どんな風にでも回転かけれる気がするよ。

プロって全部の球がこんなふうに見えてるのかなぁ。
だとしたらフェデラーのあの
回転自由自在なストロークは
すごくあたりまえなことのように思えた。


もいっかいくらいないかなぁ。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
さよならHコーチ
魚面人のHコーチが別のスクールにうつることになった。

うちのクラスの生徒さんたちは年齢も職業もバラバラ。
おそらく共通な趣味はテニス以外なさそうな、そんなみんなだけど
レッスンはとても明るくみんなとても一致団結していた。

これもきっとHコーチはみんながどうしたら楽しくテニスができるか
いつも必死に考えていてくれたからだと思う。
みんな照れくさくて口には出さないけど
誰もがそう思ってるのはわかっていた。

だから
「彼の送別会をしよう!」
そんな僕の提案にみんなが賛成してくれたのは
とてもあたりまえのことだった。

やると決まったはいいがみんな仕事で忙しく
なかなか日程が合わない。
誰1人欠くことなく全員で。誰もが思っていた。

そしてやっと今日の7/6に決まった。
・・・・と思ったら
急にHコーチの仕事が入ってしまった。


すると生徒のAさんがこう言った。







ぢゃあHコーチ抜きで飲もうか。







全員一致で即決まりだった。






どうやら全員
ただ飲みたかっただけらしい。








こうしてHコーチの送別会は
Hコーチ抜きで行うこととなった。






グッバイHコーチ。




↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
200km/hサーブ
うちのクラスのSさんはビックサーバー。
ピッチャーやってるらしく、めっぽう肩が強い。どおりで速いわけだ。

200キロくらい出てるんじゃないですか?ときいたら
いやいやそんなに出てないですよ。
前にスピードガンで測ったら192、3km/hくらいだったかな?
それもう200km/hでいいです。誤差ですから。

そんなだから最初のころはもうSさんサービスエースの連続。
でもいつのまにかみんな普通に反応できるようになってるし。

たぶんうちのクラスはテニスクラブ中で一番
速いサーブに強いクラスだと思う。


おかげでサーブ
いっくら打っても決まらんし・・・。


↑ブログランキング。ポチッと応援お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。